モチベーションインデックスの高い企業を目指そう!

在庫数で変わるコスト

パソコン

適正な在庫数を管理

商品の管理については在庫管理の考え方と倉庫管理の考え方の二種類が存在します。在庫管理は、売上を上げるために必要な在庫の管理方法となります。一方倉庫管理は在庫を切らさないようにするための商品の品ぞろえを行う必要があります。最近では物流会社のように倉庫を在庫そのものとして取り扱っている部分がありますので、在庫管理が倉庫管理とイコールになるケースも少なくありません。しかし在庫管理は適切に行わないと保管コストがかかってしまうため、在庫の状況を常に一定にするなどの工夫が必要になります。主にマーケティングを利用して適切な在庫数を導き出すことから始めます。必要在庫数は、適切になるように設定しなければなりません。在庫が多すぎると保管場所を余計に使用するため、コストがかかります。一方在庫が少なくなってしまうと逸失売上を発生させてしまうことになります。そのため、適切な管理にするためにマーケティングでどの程度の在庫が必要なのかを計算しておくことが大事なポイントになります。特に宅配事業を行っている場合、在庫切れの場合顧客からの信頼は一気に失うことになります。取り寄せなどある程度の時間を確保することができるのであれば、代替案などを提示することができますが、その分、キャンセル率が高くなることを想定しておくことが大事になります。宅配事業の多くは、配送までの時間がかかることで発生するキャンセル率をいかに低くするのかが課題になっているのです。