モチベーションインデックスの高い企業を目指そう!

利便性の高いツール

会議

企業のコミュニケーション手段として多くの比重を占めるものとして、メールがある。しかし、メールは気軽に発信できるということがあり、社員によっては毎日数十通から百通以上のメールを受信するということがあり、業務の妨げとなるケースもある。メールでは、CCやBCCとして直接関係ない人に対しても宛先に入れるということがあり、これが多くのメールを受信することになる原因ともなっている。これらのメールによる非効率さを解消するツールとしてあるのが、チャットツールである。チャットツールでは、基本的には1対1のやり取りになる。その為、本当に必要な人との情報やり取りができることや、電話などのようにリアルタイムでコミュニケーションを取れることも魅力である。このチャットツールでは、多くのサービスが提供されているため比較検討して導入することが必要になる。チャットツール導入における比較検討では、セキュリティ面を重視する必要がある。企業でのチャットツール利用では、社内の重要情報をやり取りする可能性が高いため、外部に情報が漏えいしない安全性が重要である。また、費用面での比較もある。チャットツールでは、有料で利用するサービスの他、無料サービスもある。その為、コスト面での比較もポイントになる。その他、テレビ電話機能が付いたものや複数のグループで同時に行えるものなど機能面を重視して選ぶ方法もある。サービスにより特徴が異なることがあるため、多くのサービスを比較検討すると良い。