モチベーションインデックスの高い企業を目指そう!

企業間の売買

PCを操作する男性

企業においては、売掛や買掛で売買を行うことがあり、これらの債権や債務を管理していく必要がある。債権や債務管理で必要になる作業としてあるのが、消し込である。消し込みは、売掛で商品を売り、代金を回収した際にはその債権を消し込みする必要がある。逆に買掛で商品を買った場合には、代金を支払った段階で債務を消し込みする必要がある。これらの消し込みを行っていくことで、債権の回収漏れや債務の返済漏れなどを把握していくことが可能になる。債権や債務の消し込み作業については、貸借対照表などを用いて経理部などで手で行われることもあるが、規模の大きい会社などでは手作業で行うことは大きな手間となる。企業では、日常的に買掛や売掛で売買していることが多く、取引量が多くなるとこれらの情報も膨大なものとなる。債権と債務の消し込み漏れなどが発生すると正しい管理ができなくなる。これらについては、誤っていることで企業の業績報告で誤りが生じで会計問題になることもあるため、正確に行われる必要性が出る。その為、今日では多くの会社で債権と債務の管理についてシステム化されており、システム上で消し込みし貸借対照表などとして表されるシステムも多くなっている。システムでは、売掛や買掛金の状況および資金の支払いや回収状況などをシステム上で自動的に管理することができる。それにより、人手をかけることなく債権や債務の状況を正確に把握することが可能になっている。